仕事と家事、子育てと慌ただしい毎日、自分と向き合う暇もないストレスフルな日々を送っていたにもかかわらず、
両親が共に病気で他界し心身共に疲れ果てて生きている意味さえ見いだせない状態で今考えると、心の病気にかかっていたのかなんて思ってしまいます。

私だけが気分転換に旅行なんて旦那や子どもたちに悪いし、何だか逃げているみたいな感じがしてとにかく我慢に我慢を重ねて現状に耐えていました。
やはり、そんな状態で良い仕事も出来ないと気付いて思い切って高級な宿に一人で出掛けました。
高級な宿にはそれなりのおもてなしや空間があるはずだし、そういう場所に身を置きたいと感じたからです。

それは私を例えようもない幸せな気持ちにさせました。
とにかく疲れきった心と体を癒したいだけ。他は何も必要ない。そんな気持ちでした。
初めて一人で泊まって、ゆっくりゆっくり自分の感情と向き合う事が出来ました。
今生きている事のありがたさ。食べるものがあるありがたさ。まさに足るを知るを思い出させてくれた旅でした。

folderevent_note

account_box ctwamcwp_k