久々にまとまった年休が取れることになり急遽4泊5日で九州北部を一人で旅行してきたことがあります。
年休が決まって行き先を決めたのは旅行の2週間前で、それから慌てて飛行機の予約と大まかな旅程を決めてホテルの予約を行いました。

一人旅の醍醐味は何と言っても自分のペースで自分の行きたいところに行けることですので、
私の場合はほとんど毎朝7時前には移動を開始している形で朝からいろいろなところを見て回るようにしていました。
特に観光地は早朝から開いているところも多く朝早い時間から行くことでたくさんのところを見て回ることができました。
かなり詰め込んだ観光にはなってしまいましたが、軍艦島のクルーズにも当日申し込みであったのにも関わらず参加することができて非常に有意義に過ごすことができました。

逆に夜は9時前後にはホテルに戻り次の日に行くところを確認して早めに寝るようにしていました。それに一人なので即断即決で動くことができるのもありがたかったです。
今回は特にあまり電車の本数が多くない地域にも行きましたので、その時に次の普通が1時間以上後であったので、
急遽10分後の特急に乗ることにしたりなど早く決めて動かなければいけない時にすぐに決められることは一人旅の利点だなと思いました。

荷物を背負っての移動が多く、徒歩での移動も日によっては3万歩を超えることもありましたので、
流石に友人や恋人と一緒の時には早朝からの観光なども含めて無理させたくないのでこんな風にはできなかったので十二分に一人旅の利点を活かせる旅行ができました。
友人との旅行も年に1度程度していてとても楽しかったのですが、自由気ままに回ることのできる一人旅は一人旅で楽しいということを実感することができました。

folderevent_note

account_box ctwamcwp_k